履歴書・面接で感じること|姫路たつのナースPTOT求人センター

メモをとる男性

私自身が面接をするようになり、日々感じることを書きます。また、当たり前のことを書きます。

一つ目は、履歴書の大事さです。

もちろん職歴なども確認しますが、当たり前のように字のきれいさや雑さが無いかなども確認します。写真がない物はもちろん論外です。また、細かく自分の働きたい条件や自身の意気込みなどを書いている方は非常に話しやすい面接になります。

履歴書でその方の第一印象がほぼ決まってしまいます。何度も書き直し、納得のいく履歴書を作成することがとても大切です。

 

二つ目は面接での挨拶や所作、言葉遣いです。

嘘みたいな話ですが、面接の場でタメ口で返答する方もおられます。ここまで非常識な方は少ないと思いますが、現実おられます。

実際にお会いした時の挨拶は非常に大事です。聞き取りやすい声量で相手の目を見て挨拶をする。当たり前だと思っていても半分くらいの方は出来ていません。緊張していることもあるとは思いますが、笑顔も非常に大切なポイントです。対人援助職において、笑顔は非常に大きな武器になると考えていますので、雑談の中でも必ずチェックします。

 

面接中、みなさん緊張されています。その中で大事なことは、面接官の質問をきっちり聞くこと、また、その質問に適切な返答を行うこと。答えているうちに的ハズレな返答になっていることが多いです。たくさん話すよりも、端的にわかりやすくすることが大事です。

面接官も緊張していることは重々承知です。ですので、落ち着いて話して頂ければ大丈夫です。

 

姫路、たつので転職をお考えなら 姫路・たつのナース・PT・OT求人センター