紹介とヘッドハンティングは違います|姫路たつのナースPTOT求人センター

選び出す

看護師や理学療法士のような医療系の人からよく聞きます。
「〇〇病院に誘われているので、そちらに移ろうかと思っています」「もう△△病院の人と話がついているので安心です」

こんな話をする人をあなたも知っているはずです。もしかすると、あなた自身にもそんな話が来ているのではないでしょうか。


この「誘われている」をいわゆる「ヘッドハンティング」と同じように考えている人が少なくありません。
両者は全然違います。
何が違うのか、分かりますか。

それは「期待」と「責任」の大きさです。それに伴う特別待遇です

「ヘッドハンティング」する相手は、病院にとって特別な存在です。大きな期待と責任を負っています。
それに対して「紹介」は、他の求職者と大差はありません。他の人と同じ、1人分の仕事だけを期待されています。

「ヘッドハンティング」はそもそも病院や施設、企業に何か特別な思惑があり、その中心を担う人をピンポイントで誘うことを言います。
そのために「これだけの条件を出しても良い、結果次第で更にこれだけの条件を約束します」と言った契約のもとに誘われるものを言います。
この場合は大きなステップアップ、キャリアアップに繋がります。もちろんリスクもあるとは思います。

でも、皆さんがよく言う「誘われている」は、単に「人手が不足しているので、誰か適した人材を知ってたら教えて」ぐらいのものです。経営者からすれば、ハローワークやホームページから応募してきた人と大差はありません。「特別」では無いと言うことです。

だから、入ってしまえば埋もれます。それが理解できていれば何も問題はありません。でも、気持ちのどこかに「自分は特別だ」と思う気持ちがあると、すぐに大きな不協和音を生む原因になってしまいます。

転職する際にはあなたの前にあるその話が、単なる「紹介」なのか、「ヘッドハンティング」なのか、しっかり見極めてから判断してください。

 

姫路・たつので転職をお考えなら 姫路・たつのナース・PT・OT求人センター